FC2ブログ

アリス


ヤン・シュバンクマイエルの『アリス』は、実写と人形アニメが融合された作品です。不思議の国のアリスを可愛らしさの毒の部分にスポットをあてて表現してあると思いました。アリスが人形に変わった時の不気味さや、缶詰の中からでてくるゴキブリの気持ち悪さや、首をはねられてゆくカードの騎士達の不条理さを可愛らしい音楽にのせて、場面は次々と展開していきます。
何が一番ヤン・シュバンクマイエルらしいというところは、クライマックスでアリスが夢から目覚めて、「遅刻したやつは首を切らなきゃ」というところです。無邪気のなかに潜む悪意の部分をしっかりと描いていると、してやられました。

★『「いる、けど、いない」「ある、けど、ない」』

朝方は雪がちろちろと陽の光りに反射して、ラメを一筆掃いたみたいでした。空はものすごく澄んでいて、ベストマッチ。中庭へでて深呼吸。顔を撫でる風にひやりとした気分になります。

陽が長くなってきたと感じます。四時を過ぎれば暗くなってきたのに、今や五時頃にならないとカーテンを閉める気になりません。暦は正確に一歩一歩過ぎていきます。

タイトルは今日読んだ本に出てくる一説です。「マアト」というお菓子の名前の意味です。『魂の重さを測る時に使った羽の名前だと何かの本で読んだ。たしか、天秤の片方にその羽を載せ、もう片方に魂を載せて量ったとか。まさにそういう味だよ、これは』という味だそうです。
本を一冊読み終わり、DVDも一枚鑑賞しました。一冊くらい啓蒙本を読むべきかなと思います。弟は結構読むのですが、わたしはなんとなく手が伸びません。物語をよんでも啓蒙される気もするし。からだのどこかがひねくれていて、意地でも受け入れない頑固な部分があるんだと思います。

時間がゆっくりと流れた一日でした。

Trackback

Trackback URL
http://soupoohring.blog28.fc2.com/tb.php/127-07658592

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

soupooh

Author:soupooh
こんにちは!Blue Heavenへようこそ。ミスチルとスピッツのファンです。
仲間由紀恵さんも好きです。オザケンも大好きです。
最近はあまりつぶやかないツイッターのつぶやきばかりですみません。
統合失調症の治療をしつつ、父の介護を母と二人三脚で行っているというファイトな日常を送っています。趣味は布小物作り。でも現在は趣味にいそしむ余裕はなく。
本はよく読みます。読めている時は環境や体調がいいときです。ジャンル問わずおすすめがあったら教えて下さい。
チャームポイントは、よく見ると三重まぶた。

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる